看護部/医療法人せいざん青山病院

広島県呉市の病院・医院 医療法人せいざん青山病院

文字サイズの変更と印刷 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

呉市営バス 原バス停下車、徒歩1分/JR安芸阿賀駅から車で約7分


広島県呉市の病院・医院 医療法人せいざん青山病院

aoyama_space.gif

看護部

看護部

 看護師長ごあいさつ
 
患者さんに対してもご家族のみなさんに対しても、それぞれの方に思いやりを持って援助させていただく気持ちでやっています

 特に、患者さん方は人生の大先輩ですから、こちらがいろいろ教えていただきながら、できるだけの援助をさせていただく気持ちです。
 長期入院中の患者さんが多いのですが、お一人お一人の人生の背景とか性格もできるだけ理解して対応しようとしています。
 患者さんにとって、一番の楽しみはお食事とお風呂ですね。
 気持よく楽しんでいただけるよう心がけています。
スタッフ同士で心がけていることは連動と協力です。

 ひとりひとりを尊重しなければと思います。
 また、ひとりひとりのスキルアップのためにお互いに協力し合いたいと思います。
 患者さんにもご家族にもスタッフ同士にもやはり大切なのは笑顔ですね。


 本館病棟看護部
本館病棟の患者様は急性期病院での治療を終了した方、医療行為が必要で在宅に帰るには困難な方、在宅に帰るためのリハビリが必要な方、そして施設入所・在宅に向けての準備期間を有する方等が入院されています。

新入院の患者様は当院が初めてという方も多くいらっしゃいます。
知らない場所での入院となると不安も大きいと思いますので、その不安を取り除けるよう声掛けを行い、不安要素を見つけ出し安全で安心して入院生活が送れるよう看護しています。


 新館病棟看護部
新館病棟は療養目的の症状が落ち着いてこられた患者様が入院されています。

この病棟は入院生活が長期化する患者様が多いので、日中に動ける患者様は可能な限りリハビリ参加や車椅子による移動、食堂でみんなで食事をしてもらうなど、単調な生活にならないように取り組むとともに、患者様やそのご家族のご希望に沿うように務めています。


 外来看護部
当院に20年勤務しています。
外来を長年担当してきて、病気のこと以外でも、家庭や家族のお話をするなど、患者様と常に向き合ってきました。

患者様が定期的な受信や検査において判らないことやご相談を聞きやすい環境を整え、医師と患者様間のコミニュケーションの架け橋となるよう努力しています

部門紹介